好きな具材を盛り付けて味わう「のっけ丼」【青森県青森市】

一人旅

はじめに

先日のゴールデンウィークに青森県に行ってきました。
その中で、特に印象に残った観光スポットやグルメをわけてご紹介します。
ここでは、青森県の有名なグルメの一つである、のっけ丼をご紹介します。

のっけ丼とは

のっけ丼は、市場内のお店に並ぶ新鮮な魚介類を中心に、自分の好きな具材、好きな量を選択し、ご飯にのっけて食べる丼のことです。

のっけ丼が食べられる場所は、青森魚菜センターという市場で、JR青森駅から徒歩5分ほどの場所にあります。
営業時間は朝7時~16時までで、夜は営業していないのでご注意ください。
また、定休日は毎週火曜日になります。

青森魚菜センター

盛り付けから食事まで

食事券の購入

市場に入り、まずは受付で食事券を購入します。
食事券は10枚券:1500円・5枚券:750円の2種類があります。
私は10枚券:1500円を購入しました。

ご飯の盛り付け

券を購入すると、まずはご飯を盛ってもらいます。
ご飯を盛ってもらえるお店は、受付で教えてくれます。並盛は食事券1枚、大盛は食事券2枚を使います。
私は並盛を選択しました。
ご飯盛り付け

具材の盛り付け

ご飯を盛り付けたら残りの9枚で、市場内を自由に歩きながら、お好みの具材を食事券と交換しながら丼にのっけていきます。
必ずしも具材1種類につき、1枚交換というわけではなく、例えばホタテであれば食事券2枚、まぐろ大トロであれば食事券3枚と交換することもあります。

具材は青森県産の刺身をはじめ、市場にたくさん並んでいるので、まずは一通り市場内を見て、好きな具材をあらかじめ把握してから、具材をのっけていく方法をオススメします。
そうすれば、食べた後に後悔することがないかと思います。

具材はお刺身以外にも、お味噌汁、お漬物、お惣菜があります。

全ての食事券を使った結果、私ののっけ丼は写真のとおりになりました。
ホタテやボタンエビ、いくらなど具材が豊富な丼になりました。
またカニ汁も頼みました。
のっけ丼

食事

市場内で休憩スペースがたくさんあるので、そこで食事をします。
休憩スペースには、醤油とわさびが用意してあるので、それをかけて食べます。

私の食べたのっけ丼は、特にホタテの身が分厚く、歯ごたえがあってとても美味しかったです。
今回は10枚券を選択したのか、具材が多かったので、食べている途中に具材とご飯のバランスが合わなくなりました。
海鮮丼としては、5枚券でも十分満足できると思いました。

おわりに

1,500円でたくさんの具材が味わえるのっけ丼は、個人的にかなりお得だと思いました。
食べた後は、次訪れたときはどんな丼を作ろうかなと、頭の中で想像していました。
また朝7時から営業しているので、朝ご飯として食べることもできます。

青森に行かれる際は、ぜひのっけ丼を味わってみてください。

元祖 青森のっけ丼
元祖[青森のっけ丼]は市場内に並ぶ青森ならではの新鮮な魚介類・惣菜・地元の特産や名物から、好きな具材、好きな量を温かなごはんにのっけて食べる丼。市場の元気で笑顔あふれる「とっちゃ」「かっちゃ」が津軽弁を交えて、自分だけの「のっけ丼」をサポートしてくれます。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました